アロベア バランス

より良いホルモンバランスと最適な健康のために内分泌系を活発化させます。

気分のむら、月経痛、膨満感、うつ病、体重増加、性欲減退などを軽減します。

ファクトシート

これもおすすめ製品です

ハッピーホルモン!

ホルモンがあなたに敵対するのではなく、味方になったらどうなるでしょうか?

ホルモンは、私たちの体が作る化学的なメッセンジャーで、私たちの細胞、腺、臓器に何をいつ行うべきかを伝達します。しかし、私たちが加齢が始まると私たちの体のホルモンの生産は劇的に低下し始め、心理的、また感情的な健康に重大な影響を与えるホルモンの不均衡を引き起こします。

バランスには、科学的に検証された天然分子の標準化されたレベルが含まれているので、前述した症状を助けるための身体能力をサポートすることができるのです。このフォーミュラの主要成分はジオスゲニンです。化学物質の構造が人造のエストロゲンやアンドロゲンに非常に近いため、多くのホルモン療法に伴うリスクを経験することなく、これらのホルモンの利点を模倣することができます。

愛用者の声

私は月に1-3日は温熱パッドに頼り、クレイジーなほどの気分のムラを経験してきました。でも今では元の自分に戻り、回復しました!バランスをお勧めします!

– イレイン

アロベア AEの共生効果

バランスには、標準化されたレベルのディオスゲニン、アミノ酸、レッドセージエキス、ベータシトステロール(植物由来のフィトステロール)、およびイロメン、アロベア独自のアロエベラアロベAEエキスが含まれています。

各成分には、独自で検証した健康上の利点があります。それは共生効果です。2+2=4ではなく、2+ 2 = 8となるほどの効果があるのです。 イミューン(アロベア AE)と他の強力な成分を組み合わせることでこのような驚異的な結果をもたらすことができます。

重要成分

アロベア AE(アロエベラエキス)

ワイルドヤム(ジオスゲニン16%に標準化)

よくある質問

ホルモンバランスの乱れの原因とは?
  • 貧しい食生活:砂糖が多すぎたり健康的な脂肪(ホルモン産生のための構成要素)が不足していることが2つの大きな要因となっています。
  • ホルモン補充療法:ほとんどの専門家は、源に関係なくHRTが体の正常なホルモン産生を無効にすると信じており、血栓、脳卒中、腺性疾患、心臓病、癌のリスクを高めることが示されています。
  • 毒性:私たちが食べたり飲んだりするものや呼吸している空気に存在する化学物質は、内分泌腺を破壊してしまいます。医薬品こそ、その代表格です。
  • ストレス:ストレスホルモンは、体のホルモン産生の中で優先されるものです。よって、過度のストレス(身体的、感情的、または環境的)は、副腎を使い果たすだけでなく、ホルモン産生のバランス調整メカニズムを無効にする可能性が出てきます。
  • 加齢と更年期障害:加齢して更年期障害に入ると、エストロゲンとテストステロンの産生が低下し、ホルモンの不均衡が生じます。
ディオスゲニンの健康効果は?

ディオスゲニンに関する研究では、ディオスゲニンが次のようなものに対する身体の防御機能をサポートするのに役立つことが示されており、幅広い健康効果の研究が行われています。

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 高血圧
  • 高血糖
  • ストレス
  • 慢性インプラント炎症
  • 副腎疲労
  • 薄毛
  • 骨粗鬆症
  • 予想外の体重増加
  • 性欲の低下
バランスは合成ホルモンや生体認証ホルモンと比べると何が違いますか?

従来のホルモン補充薬は、妊娠した馬の尿やその他の合成原料から作られます。生物学的同一性ホルモンは、私たちの体が作るものと化学的に同一であり、製薬研究所または調剤薬局で植物エストロゲンから変換されるという点で異なります。

生物学的同一性ホルモンの支持者は、「自然な」ソーシング故により安全であると信じています。しかし、ほとんどの専門家は双方のリスクは類似していると信じています。体の正常なホルモン産生を無効にすると、その源に関係なく血栓、脳卒中、腺性疾患、心臓病、がんのリスクが高まることが示されています。植物ホルモンは体内でエストロゲンに変換されませんが、化学構造が近いため、ホルモン補充療法のリスクを負うことなく、幅広い健康効果を提供できます。